Windows Vista サイドバーガジェットについて少しだけ調べてみた


ガジェットを作ってみたくなったので,少しだけ下調べ.

参考URL

ガジェット配布

Windows Live Gallery

Windows Vista ガジェットの公式配布所.
フィルタを日本語→すべての言語にすると大幅に表示される量が増えます.

公式文書

見る Windows Vista Webcast シリーズ

Windows Vista ガジェットをさらっと紹介した文書

ガジェットとは?

  • ガジェットは,Windows Vistaの新しいユーザインタフェースであるWindowsサイドバー上で動作するミニアプリケーション
  • ガジェットは,デスクトップ上のどこにでも何個でも配置することができる
  • ガジェットは,HTMLとJavaScriptを使用しているが,CSSとPNGによって単純なHTMLのように見えないような見た目を提供できる

開発環境

  • Windows Software Development Kit(SDK)をインストールする必要がある
  • SDKは,英語版しか無い
  • 多分この文書に載っているSDKのバージョンは古い(Beta2だから)
  • 統合開発環境(IDE)は,Visual Studio 2005もしこうはVisual Studio 2005 Express Edition
  • インストールする順は,Visual Studio → SDK

Hello World

  • ガジェット表示部のHTML
  • メタデータのXML
  • 実際の処理をするJavaScript(埋め込みでも外部ファイルからの読み込みでもOK)
    • このJavaScriptは,.NET Frameworkみたいな感じでAPIが提供されているようだ
    • 基本的にコールバック関数を登録していくような感じ
  • 設定画面は設定画面でHTMLを使って書く
  • デバッグ方法
    • 普通のWebページでJavaScriptエラーが表示された時に選択肢に出るスクリプトデバッガ
    • Windowsサイドバーが提供するSystem.DebugとSystem.Diagnostics.EventLogオブジェクトを用いる
    • System.Debugでは,SDKが提供するDebug Monitorというツール(?)で内容を確認できる
    • System.Diagnostics.EventLogでは,writeEntryメソッドでイベントログに書き出せる*1
  • インストール
    • フォルダを直接%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgetsにコピーする
    • ZIPかCABで圧縮して拡張子を.gadgetにし,それを実行する
  • アンインストール
    • サイドバーのガジェットギャラリーで右クリック→アンインストール

Windows サイドバー ガジェットで使えるObject一覧

どんな機能を呼び出せるかってことですね.
オフライン版は無いのだろうか.
日本語版は無いのだろうか.無いです.
いつも思うんだけど,MSDNって何でこんなに読みにくいんだろう…….

Gadget Development Overview
公式に公開されているガジェット作成の概要.

参考サイト

公式/非公式に限ってません

CodeZine:Windows Vistaガジェット入門
CodeZineのガジェット作成チュートリアル.
会員登録しなくてはならないのが残念ですが…….

Windows Vista デベロッパー センター

ガジェットに限らず,Vista上で動作するアプリケーションの開発を支援する公式ページ

Microsoft Gadgets

Microsoftが提供するガジェット*2の情報を提供するページ.
英語ですがフォーラムもあるので情報収集に使える……?

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c2b1e300-f358-4523-b479-f53d234cdccf&DisplayLang=en
Microsoft® Windows® Software Development Kit for Windows Vista™ and .NET Framework 3.0 Runtime Components

*1 : イベントビューアでデバッグライトを確認できる

*2 : サイドバーガジェット,Live ガジェット

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>